不動産持分と贈与税のことを理解する

不動産を所有する場合でも、贈与として譲り受けることもあるかもしれません。
贈与として譲り受け場合には、税金がかかりますがそれ以前に、そもそも贈与はどのような場合に行われるでしょうか。
例えば、生前贈与といった話がありますが例えば親がたくさん不動産を持っている場合でも、子供に対して不動産を渡したいと考えることがあります。
この場合、親も税金を支払えないだけでなく不動産管理が大変なため、そのようなことを実行するのかもしれません。
この場面においては、当然子供も承諾しなければいけないわけです。
もしかしたらその不動産自体が、ほとんど価値のない資産価値ゼロの物件かもしれないからです。
実際に日本では、1970年頃不動産購入が加熱し、多くの人が躍起になり購入した経緯があります。
今ではあまり考えられませんが、1回も訪れたことがない土地を所有している人もいるわけです。
そのような土地は大抵も価値がありませんので、拒否をすることができます。

不動産持分を譲渡するなら


親がなくなった場合、子供がそれぞれいる場合にはその2人がそれ以上の子供に対して、財産を渡すことになります。
この場合には、どのような形でも問題ありませんが、そのまま土地を真っ二つにすることもできるかもしれません。
この状態だと、不動産はそれぞれ半分ずつ相続することになります。
不動産持分の譲渡と呼ばれるものです。不動産持分に関してはそれぞれ半分ずつになるはずですが、必ずしも半分ずつにしなくても良いといえます。
これは当事者間の合意により決まりますが、特になんで争いがなければ半分ずつになるでしょう。
相続の場面では相続税は必要になるものの、通常は贈与税はかかりません。
贈与税があるとすれば、例えば1人の不動産所有者がもう1人の人に完全に不動産を落としてしまう場合です。
この場合、当事者間で売買をしているわけではありませんので、贈与の対象になると考えて良いでしょう。
この場合には、1月1日から12月31日までの日割計算で税金がかかることになります。

まとめ

不動産持ち分を抱える雨はいろいろありますが、代表的なものは相続がきっかけになっていることもあります。
相続の場合、相続人が2人おり財産が不動産しかない場合その2つを共有持ち分と言う形で分割することになるわけです。
これを売却するが場合には、片方の人に贈与するなどして対応するケースもありますが、贈与税がかかるので注意しましょう。
特に問題なければ、売買契約と言う形で処理をした方が良いこともあるかもしれません。